ハゲというのはどうしようもないし、気にする事もないです

髪を切ったのですが、何か起きてから見ると、横分けつむじハゲって感じですね。
前はざんばらの全体的に薄いハゲ武者って感じでしたから、取り合えず、ハゲ隠しにも、横分けは良い髪型です。
因みに親では結構好評で、自分も前よりは良いなと思っています。
因みに今度切るなら、床屋にしようかなと考えました。女性が主体の美容室だと、切り方も女性っぽい切られ方かなと思います。

以前、付き合っていた彼女もどきがパーマ屋って言っていましたね。
あれはなんだったのか、うちの祖母さんが使う言葉だなと親と話していました。
まあ、前のあの人の話はもう思い出したくもないのですけどね。

祖母や母が若かったころ、確かに頭にパーマをかけるサザエさんヘアが流行っていたようです。
聖子ちゃんヘアともいったらしいですが、聖子ちゃんではないですね、顔がって言ったらまあ返す言葉もないです。
親父の若いころの写真を見て、リアルなパンタロンとロンドンブーツに、時代を確かに感じました。
今はおっさんジャージ履いて、寝ている親父も、若い頃はパンタロンだったのだなあと感慨深いです。

当時の親父は自分よりも若いのは当然ですが、やはり三十代前半まではかっこつけるのだなあと思うと、顔だちが似てる事から、60くらいの自分の髪も、今の親父のようになるのだなと、しげしげと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です